リゾートホーム BLOG

コラム・雑記

軽井沢の別荘の過ごし方!軽井沢でどのような生活をすれば良いの?

2018年04月25日 Writer:りぞほくん

「軽井沢に別荘を建てようか検討しているけど、どうやって過ごせばいいのだろうか」
「軽井沢の別荘でみんな何をやっているのだろうか」
このようにお考えの方はいらっしゃるのではないでしょうか。


特に軽井沢には様々な場所があるので、別荘に住んだことのない方にとっては、別荘を購入したとしてもどのように過ごしたらいいのかがわからない方もいらっしゃいます。
そこで今回は、「軽井沢での過ごし方、別荘で何をしたらいいのか」についてご紹介していきます。


■スポーツをして過ごす

軽井沢には大人から子供まで楽しめる様々な施設があるため、そのような施設を使用して楽しんでいる方もいらっしゃいます。
例えばゴルフ場です。
ゴルフといえば大人が楽しめるスポーツで、実際多くの方が訪れてゴルフを楽しみます。
軽井沢には打ちっ放しができる場所もあれば、コースを回れる場所もあるので、ゴルフをしにくる人は満足できるでしょう。


また、軽井沢にはカーリング場もあります。
都会ではなかなかできないスポーツですが、時間を作ってきた軽井沢だからこそカーリングを体験してみる方も多くいらっしゃいます。
軽井沢風越公園にある軽井沢アイスパークは、平昌オリンピックに出場した男子チームのSC軽井沢クラブの本拠地にもなっています。


また、軽井沢は冬でも雪はあまり降りませんが、軽井沢プリンスホテルスキー場では人工降雪機を使って安定したゲレンデ管理をしていますので、11月~3月の期間スキーを体験することもできます。
スキーはお子様とも一緒に楽しめるため、ご家族で来られた方には人気があります。
他にもテニスなど、普段忙しくて運動する時間のない方がリフレッシュするためにスポーツをして過ごすという方もいらっしゃいます。


■スポーツ施設以外にも多くの施設がある

軽井沢にはたくさんの美術館や博物館があるため、歴史や芸術を愉しみに訪れて軽井沢ライフを過ごされます。
また、大型のショッピングセンターもあるため、普段なかなか忙しくてすることができないショッピングをして家族と過ごす方もいらっしゃいます。


軽井沢には別荘として以外にも観光地として非常に有名であるため、たくさんの観光スポットがあります。
観光スポットとして有名なのは旧三笠ホテルやトンボの湯です。
旧三笠ホテルは明治時代の英国風ホテルであり、重要文化財に登録されており、トンボの湯は北原白秋や与謝野晶子も浸かった大正時代からある温泉です。


■雄大な自然に浸る

このように軽井沢に来る場合、観光スポットや普段からなかなかすることのできないスポーツを楽しむ方が多くいらっしゃいますが、軽井沢といったら美しく壮大な自然が数多く存在しており、都会にいると感じることのできない雄大な自然とゆったりとした時間の流れを体験することもできます。
美しい自然が感じられる観光地として有名なのが白糸の滝と雲場池です。
軽井沢にある白糸の滝はまさに名前の通り、幅70メートル、高さ3メートルで白い絹糸のような水が流れています。


また、幅が広く湾曲した白糸の滝は非常に美しいため人気があります。
白糸の滝の水の流れには都会にはない美しさがあるため、都会から訪れた人をきっと癒してくれるでしょう。
雲場池は、春夏秋冬どの季節に行っても情緒に溢れており訪れる人を癒してくれます。


池の周りにはカラマツや紅葉の木々が生えており、雰囲気は落ち着いています。
実は、天皇陛下が軽井沢を訪れたときには必ず雲場池を訪れて散歩されるそうです。
のんびりと自然を堪能したいと考えている方にはぴったりなのではないでしょうか。


自然に囲まれて普段の生活では味わえないような時間をもっと楽しみ、かつ別荘だからこそできることもあります。
軽井沢で別荘を建てる方の多くは生活するのに便利な場所は選ばず、あえて自然に囲まれた場所に住む傾向にあります。
自然に囲まれた場所でできること、楽しめることの1つが入浴です。
まだ明るい時間帯に窓を全開にして入浴したり、鳥のさえずりを聞き自然の音に耳を傾けながら入浴することによって普段の忙しい生活を忘れてリラックスができるのではないでしょうか。


■パーティーをする

他にも別荘だからこそできることもあります。
それが「パーティ」です。
軽井沢に別荘を構える方の多くは都心に住んでいます。


自宅には呼びづらいけれども、軽井沢の別荘なら比較的に交通利便性もあり、都心から気軽に来ることができることに加えて、自宅にはない特別感もあります。
都会に住んでいるとどうしても仕事のことを忘れることができない方もいらっしゃいますが、軽井沢だからこそお世話になっている方々を招待して仕事のことも忘れてパーティーを楽しむことができるのではないでしょうか。


以上のように、軽井沢に別荘を構えている方は普段なかなかすることのできないスポーツを嗜むという方もいれば、自然に囲まれた状態で時間を忘れてゆっくりと過ごす方もいます。
また、ご家族と楽しく過ごされる方もいれば、誰にも邪魔されない完全にプライベートな空間を作って1人で過ごす方もいます。
自分だけの軽井沢別荘ライフを手に入れて、最高の時間をお過ごしになってください。

コラム・雑記

軽井沢に別荘購入を検討している方必見!購入までの流れについてご紹介!

2018年04月21日 Writer:りぞほくん

別荘を初めて購入する方で、購入の流れが未だ曖昧な方もいらっしゃるのではないでしょうか。
購入までの流れを知っておくことでスムーズな別荘購入につながります。
別荘を購入する際は、住宅とはまた別の注意点があるのです。
そこで今回は「別荘購入までの具体的な流れと気をつけておくべきこと」についてご紹介していきます。


【別荘購入までの具体的な流れについて】

リゾートホームは軽井沢を専門とする不動産会社です。
軽井沢のことを熟知したリゾートホームに依頼した場合の別荘購入までの流れをお伝えします。


ステップ1:購入の相談
軽井沢に別荘を購入しようと検討しているのであれば、リゾートホームにまず購入を検討しているということについてご相談ください。
不動産を購入する場合には整理しておくべきことがあります。


例えば購入する目的です。
別荘として軽井沢での生活を最大限楽しむために別荘を購入するのか、資産価値を重視して別荘を購入しようとしているのかといったことを整理することによって、よりお客様の要望にあった別荘を選ぶことができます。


また、予算も重要です。軽井沢といっても、土地の広さやどのエリアに別荘を購入するかによって大きく変わってきます。
軽井沢は旧軽井沢、南ヶ丘・南原、南軽井沢、中軽井沢、追分といったエリアに分かれており、それぞれ価格帯が異なります。


実際に現地を見学することによって購入希望を修正されるケースも多くありますが、現時点でどんな別荘を購入しようとしているのか、お客様のご要望をお聞かせください。
お客様のご要望を聞いた後、軽井沢で物件を選ぶ際のポイントや具体的な資金計画などについてのアドバイスをいたします。


ステップ2:資金計画
物件に対するイメージがまとまったら資金計画を立てます。
資金計画の際に注意すべきポイントは「費用は物件価格だけではない」ということです。


物件価格に加えてかかってくる費用が「税金」「登記費用」、そして「仲介手数料」です。
別荘購入時にかかる税金は「印紙税」「登録免許税」「不動産所得税」の3種類です。
これら諸費用の合計は、物件価格の5〜6%が目安となりますので、別荘購入の際にはこれらの費用を考えた資金計画が必要になります。


ステップ3:物件情報のご紹介
お客様から購入物件の希望条件を聞いた後に資金計画についてのご説明をしたら、次は物件情報のご紹介をします。
リゾートホームは軽井沢に特化した不動産会社なので、お客様の希望に沿った物件を見つけ出し、お客様のご期待に応えられるように情報を提供致します。


ステップ4:現地見学
ご紹介した物件の中に魅力的な物件がありましたら、積極的に現地見学をしましょう。
気になる物件であっても、実際に行ってみるとイメージと少し違っていたり、家の周りがとてもよかったりと、写真だけではわからない情報はたくさんあります。


現地には軽井沢のことをよく知っている経験豊富な営業担当が同行します。
物件に関する情報はもちろんのこと、物件があるエリアの特徴や環境などについて、軽井沢を専門としているからこその情報を提供いたします。
自分だけで調べてもわからない情報が見つかりますので、現地をよく知る不動産会社との見学は大きなメリットがあります。


ステップ5:購入申し込み
購入する物件が決まりましたら、購入申請書を提出していただきます。
代金の支払い方法や物件の引き渡しの時期といった契約のための条件を調整します。
物件の売主様との契約条件についての調整が整い、正式に購入することが決定しましたら、リゾートホームと媒介契約を結んでいただきます。


ステップ6:重要事項説明・不動産売買契約
重要事項説明では、物件を所有するにあたっての重要事項についての説明をいたします。
重要事項には、権利関係や法的制限、売買代金授受の方法や万が一契約を解除することになってしまった場合の規定が記載されています。
不動産売買契約書には、売買代金授受の方法や引き渡し時期、引き渡しの条件、万一契約解除になった場合の規定について記載されています。


ステップ7:ローン申し込み
ローンを組んで物件を購入する場合には金融機関でローンの申し込みを行います。
ローンを受けるためには契約前に金融機関で仮審査を受ける必要があります。


ステップ8:残代金の支払い・物件引き渡し
残代金の支払いと購入した物件の引き渡しを同時に行います。
購入の契約をした状態と同じであるかを確認します。
この時にしっかりと確認しておくことで後になってトラブルになることを防ぎます。
無事に決済が終わりましたら、司法書士に依頼して所有権移転や抵当権設定などの登記を申請します。申請後1~2週間で登記が完了し、司法書士より登記識別情報が届けられます。


以上のように、8つのステップを経た後に、契約は完了して購入した物件がお客様のものになります。
自分で物件を探す方法では分からない点が出てくると思いますので、満足のいく別荘を購入するためには軽井沢について熟知している人に相談するのが最適ではないでしょうか。
満足のいく不動産探しをお求めの方はぜひリゾートホームにご相談ください。

コラム・雑記

軽井沢に別荘が欲しい!資産価値ってどのくらいあるの?

2018年04月17日 Writer:りぞほくん

軽井沢は日本に住む多くの人が知っている有名な土地です。
多くの人が軽井沢と聞けば「真夏に行く避暑地」「自然に恵まれており、別荘が多い場所」と言ったものをイメージすることでしょう。
軽井沢には多くの別荘が建ち並び、大自然に囲まれてリフレッシュをするためにたくさんの人が訪れます。
そんな多くの別荘が存在する軽井沢ですが、別荘にはどのくらいの資産価値があるのでしょうか?
今回は「軽井沢にある別荘にはどのくらいの資産価値があるのか」についてご紹介していきます!


【軽井沢にある別荘の資産価値について】

軽井沢に別荘を建てようとお考えの方は、休暇中のリフレッシュのためだけではなく、大切な「資産」の1つとして認識していることでしょう。
資産としても十分に価値があるのであれば、別荘を建てることによって自分の人生も軽井沢でゆっくりと楽しめて、さらに自分の子供達にとっても大きなメリットになります。


では、実際に軽井沢にある別荘は資産価値があるのでしょうか?
軽井沢にある別荘に資産価値があるかどうかを知るためには、「どのような不動産が資産価値が高いと認識されているのか」を知っておく必要があります。
資産価値が高い不動産の特徴を知り、軽井沢の別荘の資産価値について判断していきましょう!


■資産価値が高い土地の条件

資産価値が高い土地の条件はいくつかあります。


○交通利便性
資産価値が高い土地の条件の1つが「交通利便性」です。
駅まで近くて交通網が発達している場所は買い物や通勤、通学や旅行といった目的を達成するために便利であるため、必然的に不動産としての価値が高くなります。
特にターミナル駅に近い場所であるほど、利便性が高まり人気があるため相対的に資産価値の高い不動産になります。


○生活利便性
2つ目のポイントが「生活利便性」です。
生活利便性が高い場所は日常生活を営むのが便利な場所です。
近くに大型のショッピングモールや、子供が通う学校などがある場所です。
どれだけ豪勢な家に住んでいたとしても、コンビニやスーパーまで車で1時間かかる家は気軽に買い物にも行けないので、隠れ家的なニーズはあるかもしれませんが生活利便性という観点から見れば、資産価値の低い家だといえるでしょう。


■居住快適性

3つ目の資産価値の判断基準は「居住快適性」です。
居住快適性とは居住空間が快適かどうか、快適に過ごせる設備があるのかどうかといったものです。
駅から近く、大型のショッピングモールもあるが、肝心の住宅にはトイレがなく、ドアの鍵が壊れているといった場合は、安心して暮らせず居住快適性が優れていないため、建物の資産価値は低いといえます。


以上の点が一般的な場所における資産価値の高い不動産の条件です。
これらの条件を満たしていないと資産価値の低い不動産に見られることが多いですが、交通利便性や生活利便性が悪くても、資産価値が高いと判断される不動産があります。


■独自性

それは地域に独自性のある場所にある不動産です。
不動産がある場所が特徴的で、「交通利便性は少し悪いけどここに住みたい!」と多くの人が思うような土地であるならば資産価値が高くなります。


軽井沢は地域に独自性がある場所だといえます。
軽井沢には雲場池や白糸の滝のような自然や、湯川ふるさと公園やスキー場、その他美術館や博物館といった施設があります。


夏は避暑地として人気があり、真夏の日本中が猛暑に包まれる中で比較的快適に過ごすことができるといった点でも人気があります。
こうした地域として独自の特徴があり、避暑地として非常に優れていることに加えて、さまざまな設が豊富にあるため大人も子供も楽しく過ごすことができます。
軽井沢には「旧軽井沢」「南ヶ丘・南原」「中軽井沢」「南軽井沢」「追分」の5つのエリアがあり、それぞれ違った特徴を持っています。


旧軽井沢には多くの人気観光スポットがあるため、軽井沢に別荘を建てていない方も多く訪れる独自性のある地域になります。
南ヶ丘・南原は軽井沢駅に近く、美しい自然のなかに高級別荘が立ち並んでいます。
中軽井沢は生活施設が多く存在するため軽井沢の中でも生活利便性が高い場所です。
南軽井沢は上信越自動車道の「碓氷軽井沢IC」があるため交通利便性が高いといえます。
追分は旧中山道と北国街道の別れ道である宿場町追分宿があり、リゾート地とは違う趣のある軽井沢という点で独自性があります。


以上のように、軽井沢は「独自性のある地域」であるといった特徴があります。真夏になると避暑地としての特徴を発揮して快適に過ごすことができ、冬になると子供とスキー場に行って楽しめる、非常に人気の場所です。
こういったことから軽井沢にある別荘には資産価値が十分にあるといえるのではないでしょうか。
皆様も、軽井沢に別荘を建ててみてはいかがでしょうか。
不明な点・疑問点があれば、ご気軽にリゾートホームまでご相談ください。

コラム・雑記

軽井沢にマンション購入!マンションの資産価値は高いの?

2018年04月13日 Writer:りぞほくん

軽井沢といえば日本人なら誰でも知っているといっても過言ではない有名な場所です。
四季折々に色々な表情があり、いつ行っても違った風景を感じることができるため、非常に人気があります。


また、大自然に囲まれていることに加えて、標高が高いため、真夏の暑い時期に軽井沢を訪れてゆっくりと過ごす方もいらっしゃいます。
そんな人気の町である軽井沢に多くの方がマンションを持ちたいと考えていらっしゃいますが、リゾート地にマンションを購入しようとお考えの場合に知っておくべきことがあります。


それが「資産として価値があるかどうか」という点です。
資産として価値があるかどうか、つまり「資産価値の有無」は数年・数十年先に大きく影響してきます。
そこで今回は「軽井沢のマンションに資産価値があるのかどうか」についてお伝えします。


【軽井沢のマンションに資産価値があるのか】

軽井沢のマンションに資産価値があるのかどうかを知るに当たって、どのような資産に価値があるのか、「価値判断の基準」を知っておく必要があります。
では、どういったマンションの価値が高いとされるのでしょうか?


■資産価値の高いマンションとは

資産価値の高いマンションの条件はいくつかあり、その条件を総合的に分析して資産価値が判断されています。
その条件とは「交通利便性」「生活利便性」「居住快適性」「地域の独自性・発展性」です。


交通利便性は駅までの距離、特にターミナル駅に近いほど交通利便性が高いと判断されます。
生活利便性とは日常生活に関する利便性です。
日常生活を快適にできる不動産ほど生活利便性が高いと評価されます。


居住快適性は建物の過ごしやすさを表します。
そして地域の独自性とはその場所に住んでいるからこそ享受できるメリットの有無です。
これらを相対的に判断して利便性や快適性が高く、地域に独自性がありメリットが大きいと資産価値が高くなります。


では、軽井沢の資産価値は以上のような基準から判断して高いのでしょうか、それとも低いのでしょうか。
実は軽井沢といっても5つのエリアがあり、それぞれ違った特徴があるので一言で「軽井沢の資産価値」を判断することができませんので、5つのエリアの特徴をそれぞれ理解して、エリア別に判断していきましょう。


○軽井沢の5つのエリアの資産価値は?

5つのエリアとは「旧軽井沢エリア」「南ヶ丘・南原エリア」「南軽井沢エリア」「中軽井沢エリア」「追分エリア」です。
今から1つ1つのエリアの特徴を比較してマンションの資産価値を判断していきます。


・旧軽井沢エリア
旧軽井沢エリアは観光客がよく訪れるエリアです。
まさに「軽井沢といえばここ」をイメージする方も多くいらっしゃることでしょう。
多くの歴史を感じられる場所があり、たくさんのお店で賑わっています。
また、お店だけではなく、雲場池といった観光スポットもあるため地域の独自性が非常に高くなっています。


・南ヶ丘・南原エリア
南ヶ丘・南原エリアは旧軽井沢に次ぐ高級別荘地ですが、観光客は少なく自然の中で静かに過ごすことのできるエリアになっています。
国道周辺にはレストランやカフェなどがあり、散策も楽しめる場所です。
軽井沢駅からのアクセスも良いため、個人利用の別荘だけでなく企業の保養施設として非常に人気があります。


・南軽井沢エリア
南軽井沢エリアには広大なショッピングモールがあるため、生活利便性が高い場所だといえます。
また、ゴルフや乗馬、スキーをするための施設があることも人気がある理由で、自然の心地よさを感じながら大きなショッピングセンターで買い物ができる場所でもあり、居住スペースには適している場所になります。
さらに、木々に囲まれた雄大な自然を感じられる場所でもあり、利便性と独自の自然を享受できるエリアなのです。


・中軽井沢エリア
中軽井沢エリアは自然を感じるスポットとして人気があり、都会の雰囲気で疲労している方がリフレッシュするのには抜群の効果があります。
また、軽井沢の中でも湿度が低くなっているため、別荘地として人気があります。

・追分エリア
江戸時代に栄えた追分宿があるエリアです。
多くの作家に愛されるこの地には神社やお寺がたたずんでおり、歴史を感じられる場所になっています。
昔の風情を感じつつも個性的なお店が軒を連ねているためゆったりとした時間を楽しむことができる場所になっています。


以上のように、軽井沢にはそれぞれエリア別に異なる特徴があり、それぞれ違った理由で人気がありますが、「地域の独自性がある」という共通点があります。
多くの人が訪れたいと思うほどの独自性があるため、マンションを所有すると資産としての価値は非常に高く、資産価値が下がりにくい場所だと判断できるでしょう。
結果として、資産として軽井沢にマンションを所有するという選択は有効なので、ぜひ一度検討してみてください!
不明な点や疑問点があれば、お気軽にリゾートホームまでご相談ください。

軽井沢の王道スポットをご紹介します!

2018年04月07日 Writer:りぞまま

 

皆さん、はじめまして!
リゾートホームの公式キャラクター、りぞままです。
私の方からは軽井沢の魅力や会社のことについて発信させていただきますので

どうぞよろしくお願いします!

 

さて、2018年ももう4月となりました。リゾートホームのロゴマークであるこぶしの花も咲き春の暖かさを感じます。

公園こぶしカット.jpg

 

4月といえば花粉症がひどく辛い時期でもありますが、入学式や入社式などおめでたいことが多く1年の中でも1つの区切りとされています。これを機に新しいチャレンジを始める人も多いかもしれません。

 

リゾート地である軽井沢にとっても4月は1年の中の1つの区切りであります。これから来る夏に向けて、旅行を考えている人や買い物をしたい人、暑い夏を快適に過ごすための別荘を求めている人...など、多くの人が訪れ軽井沢が活発になる時期だからです。

 

そこで今日は軽井沢へお出かけをお考えの方に向けて私の方から「軽井沢に来たらここは外せないぞ!」という軽井沢の王道スポットをご紹介いたします!!地元の方にも愛されているスポットになりますので、遊びに来る際の参考にしてみてください。
(軽井沢の土地・別荘については、リゾートホームのキャラクター、りぞほくんりぞぱぱが紹介してくれますので、そちらもお見逃しなく!☆)

 

ここは外せないぞスポット① 「 旧軽井沢銀座通り 」

ここは外せないぞスポットその①は「旧軽井沢銀座通り」、通称「旧軽銀座」です。
昔から軽井沢の商店街として栄えてきており、今でも年間何百万人もの観光客が訪れる素敵なスポットです。商店街にはお土産屋さんやファッション・雑貨のお店はもちろんのこと、美術館やアンティーク店なども立ち並んでいます。雑誌やテレビで紹介されるようなお店がたくさんありますので是非足を運んでみてください。

 

ここは外せないぞスポット②「 旧三笠ホテル 」

ここは外せないぞスポットその②は「旧三笠ホテル」です。
軽井沢が避暑地として注目を浴び始めた明治初期(1905年)に建築された高級ホテルです。その美しい外観と珍しい造りが当時のままの形で残っていることから国の重要文化財にも指定されています。また、旧三笠ホテルには多くの著名人が足を運んだことから「軽井沢の鹿鳴館」とも呼ばれており、社交場とし賑わっていました。今では実際に使用することはできませんが、その情緒あるたたずまいは軽井沢の歴史を感じさせてくれます。

 

ここは外せないぞスポット③「 軽井沢プリンスショッピングプラザ 」

ここは外せないぞスポットその③は「軽井沢ショッピングプラザ」です。
軽井沢に来る際に絶対に外せないですよね!軽井沢ショッピングプラザには約240店ものお店が軒を連ねており、1年を通して多くの人が訪れております。東京から新幹線で1時間ほどで来ることができるので、夏だけでなくちょっとした休日を使ってお買い物に来られる方も多いです。また、ショッピングプラザの中心には芝生で出来た中庭やドッグランがありますので、ペットと一緒に楽しむこともできるのも人気のひとつです。

 

いかがでしょうか?どこも素敵な場所ですので軽井沢にお越しいただいた際にはぜひ足を運んでみてください!

 

今回は軽井沢の外せないスポットについてご紹介させていただきましたが、夏に向けて引き続き軽井沢の名所や魅力をご紹介させていただきますのでお見逃しなく!

 

それでは、ここまでお読みいただきありがとうございました。
また次回お会いできることを楽しみにしております!☆

 


りぞまま

 

コラム・雑記

軽井沢に別荘を保有することのメリットって何がある?

2018年03月31日 Writer:りぞほくん

著名人をはじめ多くの人が別荘を建てている人気の土地である軽井沢ですが、一体どのような魅力があるのでしょうか。
軽井沢に別荘が多くある理由が分からずに、理由もなく別荘を建てるという方はあまりいらっしゃらないことでしょう。


「なぜ人々は軽井沢に別荘を建てるのか」
「軽井沢に別荘を建てるメリットは一体どのようなものか」
といった部分をしっかりと理解することで、安心して軽井沢に別荘を建て、自分の目的に沿った快適な別荘ライフを送ることができます。


そこで今回は「軽井沢別荘を建てるメリット」についてご紹介していきます。


【なぜ人は軽井沢に別荘を建てるのか】
なんとなく別荘を建ててもご自身の目的に合わなかったら満足出来ない可能性があるため、確実に満足のいく別荘ライフを手に入れるためには、軽井沢に別荘を建てる理由や目的をしっかりと理解しておくことが必要になります。
では、なぜ多くの人が別荘を軽井沢に建てるのでしょうか。
実は軽井沢ならではの多くのメリットがあります。


■大自然で心を休める

軽井沢に別荘を建てる方の多くは都内に住んでいて、都会の喧騒の中、毎日仕事に追われています。


普段は大勢の人に囲まれて仕事に追われて休む暇もない方々が、都会とは一味も二味も違う良さがある大自然に囲まれた場所で心も体も休めたいと感じて、軽井沢に来るのです。
軽井沢には大自然を思う存分満喫できる場所です。


■美しい景観

たくさんの美しい景観を楽しめる場所があります。
例えば浅間山があります。
夏に行くと高原の涼しさとともに圧倒的存在感を全面に感じて心が満たされる感覚を味わうことができます。


白糸の滝も評判の良い名所です。
白い絹糸のように流れる白糸の滝を眺めて、自然の優雅さを感じることに加えて、ストレスがなくなるほど心地の良い水音を楽しめます。


軽井沢には他にも雲場池という場所もあります。
秋の紅葉シーズンには多くの観光客が訪れるほど美しく、初夏には緑の濃さを全身に浴びていつまでも居られるのではないかという錯覚に陥るくらい落ち着いた場所になります。
このように軽井沢には都会では絶対に味わえないような自然を堪能できます。


軽井沢のメリットはこれだけではありません。
他にも軽井沢ならではの魅力があります。
それは「軽井沢の位置」が関係しています。


■軽井沢の立地の良さ

関東にも自然がたくさんある場所はあります。
しかし、普段関東で働いている方にとって関東で十分にくつろげるかというとそうではありせん。
自宅近くにいると仕事のことが頭の片隅に残ってしまい、自然を十分に堪能できないという方がいらっしゃいます。


しかし、一旦関東を離れてしまえば仕事のことを一切忘れて大自然に身を任せることができますし、軽井沢は交通の利便性もよく、関東から比較的気軽に行くことができます。
そういった理由から軽井沢に別荘を建てるメリットとして「立地の良さ」が挙げられるでしょう。


ここで「軽井沢に行くだけなら別荘を建てて保有しなくてもホテルに泊まれば良いのではないか」と思った方もいらっしゃるかもしれません。
しかし、軽井沢に別荘を保有しないと得られないメリットがあります。


■別荘の資産価値が高い

軽井沢ある別荘には資産としての価値があるという点です。
軽井沢に別荘を建てる方の中には資産として別荘を保有している方がいらっしゃいます。
別荘も不動産という資産であり、資産価値が下がりにくい場所に別荘を建てることによって資産としての価値を十分に発揮します。


資産としての価値が下がりにくい不動産の条件は、なんといっても「立地」です。
個別の条件が良くても市町村単位で寂れていく場所では需給バランスが崩れることで資産価値も下がります。


その点、軽井沢は新幹線の停車駅があり、高速道路があり、東京までの距離感が近いという立地条件を満たしています。
更に細かく見ると「交通利便性」「生活利便性」「居住快適性」「地域としての独自性」など、これらの質が高い不動産ほど資産としての価値が高く評価されます。


■交通利便性

交通利便性という観点から軽井沢をみると、一見不便なように思えますが、関東からのアクセスがよい場所にある自然にあふれた場所という観点から、抜群にいい場所にあるといえます。


■生活利便性

生活利便性の点からみても、大型のショッピングモールや、大型のスーパーがあり、非常に便利な場所です。
軽井沢という場所は世界的に見ても非常に有名で、多くの観光客が毎年訪れるような場所であり、都会の生活に疲れた方を癒してくれるという点では地域としての独自性が非常に優れているため、別荘を保有すると資産としての価値が落ちにくいというメリットがあります。


以上のように、軽井沢に別荘を保有することには非常にメリットがあります。
軽井沢は避暑地として非常に有名で、真夏に日本中が暑さにやられている中でも比較的快適に過ごせることに加えて、冬にはスキーができる場所になるので、一年中楽しめる場所になります。
軽井沢に別荘を持って、気軽に軽井沢に行き、大自然の恩恵を受ける別荘ライフに興味が増したのではないでしょうか。


この機会に、ぜひ軽井沢に別荘の保有を検討してみてはいかがでしょうか。
満足のいく不動産探しをお求めの方はぜひリゾートホームにお問い合わせください。

コラム・雑記

軽井沢に別荘を建てるための土地の選び方をご紹介!

2018年03月27日 Writer:りぞほくん

軽井沢というと世界的に有名なリゾート地であり、真夏になると暑さから逃れるために多くの方が訪れる避暑地として有名です。
そのイメージ通り軽井沢は、かつては宿場町として知られており、明治・大正時代になってからは別荘地として人気のある土地になってきました。


多くの方が別荘を購入しようとするときに困惑するのが、軽井沢にはエリアがあってエリアによってそれぞれ違った特徴があるということです。
軽井沢のエリア別の特徴を理解することによってニーズにあった土地選びができるようになります。
そこで今回は「軽井沢に別荘を建てるときに気をつけておくべき土地の選び方」についてご紹介していきます!


【軽井沢の別荘地の選び方】

別荘を購入するときにまず整理すべきことがいくつかあります。
別荘は不動産なので、それぞれ購入目的や気に入る土地は違います。
満足のいく土地選びをするために、どのような目的で不動産を購入するのかについて整理しておきましょう。
別荘を購入する多くの方の目的は大きく分けて2つあります。


1つ目が「休暇のときに訪れるため」の別荘購入です。
軽井沢に別荘を持っている方の多くは普段は東京都内で働いています。
日本で一番人口の多い東京で過ごしていくと、安らぐ暇がありません。
たとえ休暇をもらったとしても、都内で休暇をとっていると仕事のことが頭の中から離れずにゆっくりとできないという方が仕事のことを一切忘れて過ごすために軽井沢に別荘を購入されます。


そうして休暇を最大限に楽しみたいという方の中でも、軽井沢はエリアによって特徴が違うため、どういった休日の過ごし方をするのかによっては土地選びも変わってきます。
また、軽井沢に別荘を購入しようと検討している多くの方の目的の2つ目が、「資産として別荘を保有する」という点です。


不動産には資産価値があります。
資産として別荘を持っておくことを目的とする人にとっては、時間が経過したとしても資産価値が下がりにくいエリアに別荘を保有することで、別荘が1つの資産としての価値を維持できます。
それでは、軽井沢のそれぞれのエリアにはどのような特徴があり、どのような方が購入に向いているのかについてお伝えしていきます。


1.旧軽井沢エリア

軽井沢と聞いて多くの人が想像する軽井沢は旧軽井沢エリアです。
軽井沢を別荘地として有名にしたイギリス人宣教師ショーの別荘をはじめとして、数多くの歴史的建築物や雲場池を代表とする自然、そして多くのお店があります。
休暇で軽井沢に訪れる目的で別荘を保有するという方に旧軽井沢エリアが人気です。
また、宣教師ショーが別荘を建ててからずっと人気の別荘地なので、資産としての価値も非常に高いといえます。


2.新軽井沢エリア

軽井沢駅を中心とした新軽井沢エリアにはアウトレットであるショッピングプラザや付近にたくさんの飲食店が点在しています。
日常生活をしていく上で非常に利便性が高い土地であるため、軽井沢に定住する方に人気のエリアになります。
また、別荘での生活を快適に過ごすために、新軽井沢エリアに別荘を購入するくらい人気の土地になります。


3南ヶ丘・南原エリア

政財界の要人が別荘を構えるような土地であるため、非常に雰囲気のある別荘地が建ち並んでいるのが南ヶ丘・南原エリアです。
レストランが建ち並ぶエリアまで徒歩で行けるためグルメを楽しみたいという方にも非常に人気のある高級別荘地になります。


4追分エリア

追分は非常に過ごしやすい気候になっています。
追分が過ごしやすい理由は、湿度の低さです。
軽井沢は全体としては比較的湿度の高い場所になりますが、追分エリアは他のエリアに比べて湿度が低いため、過ごしやすくなっています。
また、気温も他の場所に比べて1度から2度ほど低いため、避暑目的で軽井沢に別荘を建てようとする方に人気があります。


以上のように、軽井沢はエリアによって特徴があり、目的に応じて適したエリアは変わってきます。
しっかりと軽井沢にあるエリアの特徴を理解することによって、どの土地がご自身のニーズを満たしているのかを知ることができます。
他に軽井沢の土地を選ぶときに知っておくべきことがあります。


それは、「エリアによって土地の購入にかかる費用が変わってくる」ということです。
軽井沢の代表となる旧軽井沢エリアや政財界の要人がたくさん別荘を構えている南ヶ丘・南原エリアは高級別荘地であるため、ご自身の別荘購入に費やすことのできる予算と照らし合わせて土地を選ぶことが重要です。
軽井沢にはエリアがいくつかあり、どのエリアがご自身に適しているのかは目的や資産によって変わってくるので、どの土地がご自身にあっているのかを目的を検討して、最適な土地選びをしてみてくださいね!

株式会社 リゾートホーム 
〒389-0102
長野県北佐久郡軽井沢町軽井沢386-11
TEL 0267-42-8775/FAX 0267-42-8685
(軽井沢駅より徒歩7分/駐車場ございます)

リゾートホーム外観

PAGE TOP

PAGE TOP