リゾートホーム BLOG

軽井沢の暮らし

軽井沢で休みの日を満喫してみませんか?定番の過ごし方をご紹介!

2018年10月12日 Writer:りぞほくん

あなたは休みの日にどういう過ごし方をしていますか?

家族で近くの公園へ行く方もいらっしゃれば、遊園地に行く方もいらっしゃるでしょう。



しかし、夏休みのようなまとまった連休になると、どこで何をすれば良いのか分からないという方も多いのではないでしょうか。

特に別荘に行かれる方は、「別荘で実際にどんなことをすれば良いの?」とお思いの方もいらっしゃるかと思います。

そこで今回は、休みの日に別荘で過ごすことをご提案します。

今度の大型連休には日常生活からは距離をおき、別荘で素敵な時間を過ごしてみませんか?



□家族で一緒のスポーツをして楽しむ



普段都会に住んでいると、お子様と一緒に何かに熱中して取り組むということをする機会がなかなかないのではないでしょうか。

そこでオススメしたいのが、お子様と一緒になってスポーツをすることです。

軽井沢をはじめとする別荘地は、大自然に囲まれていますので、気持ちの良い環境の中スポーツに打ち込めます。



では、実際にどんなスポーツをすれば良いのでしょうか。

大自然に囲まれている環境を活かしてサイクリングをしても構いませんし、テニスやゴルフに打ち込んでも構いません。

軽井沢には多くのテニスコートがありますし、打ちっ放しのできる練習場が隣接したゴルフ場もあるのでどちらも楽しめますよ。

また、水が豊富な場所であれば、カヌーやボートに乗るアクティビティを楽しむのも良いでしょう。

別荘を建てる際に一緒にプールをつくってしまうのも一つの方法ですね。



ここでご紹介したスポーツは都会でもできますが、やはり大自然の中でするのと比較すると解放感が全然違います。

さらに、気候に関しても別荘地の方が涼しいことが多いですので、気持ちの良い気候の中プレーできるというのは大きな特徴だと言えるのではないでしょうか。



□オーガニック食品を一緒に育てる


都会で生活をしていると、なかなか食物を自分で栽培したりする機会がないことと思います。

夏休みに別荘に滞在している時間を利用して、ご家族やお子様と自然食材を楽しんでみてはいかがでしょうか?



トマトであれば3月に種を植えておくと、7月から8月の夏にかけて収穫できますしおすすめです。

ご家族と一緒に食物の成長を見守り、収穫した食物を美味しくたべることは、

きっと素晴らしい思い出になることでしょう。



□森林浴をする


軽井沢といえば、なんといっても大自然に囲まれているということがその特徴として挙げられます。

その自然の美しさに魅了されて、夏には全国各地からこの場所へ訪れる方があとを絶ちません。

軽井沢にある白糸の滝は浅間山麓の懐深くに入り込んだ自然林のなかにあります。

水の流れる姿が白い絹糸のようなすばらしさがあるという理由から大変人気があります。



森林浴には



・ストレスが減少する

・血圧、心拍数が安定する

・免疫力が上がる

・副交感神経が活発になり、交感神経が落ち着く



などの効果があると言われています。



大自然の中で生活をするだけで自然と、「リラックス効果」を得られるのです。

時間のあるときには、是非ご家族でウォーキングしてみてはいかがでしょうか。

普段都会では見かけることのない昆虫や植物に出会ったり鳥のさえずりを聞いたりと

大人の方にとっても良い経験になることは間違いありません。



□最後に



今回は、別荘でどうやって時間を過ごせば良いのか分からないという方へ向けて、別荘での定番の過ごし方をご紹介しました。

ご家族全員がアクティブな活動が好きという場合はスポーツをすることをオススメしますし、それよりも家族全員でのんびりと時間を共有して過ごしたいという場合には、森林浴をオススメします。

このように別荘では、それぞれのライフスタイルに合った動きができますので、あなたが別荘で何をしたいのか事前に想像しておくと良いでしょう。

そうすることによって、どんな家にすれば良いのかイメージがしやすくなりますよ。

また、軽井沢で別荘を建てることにご興味のある方がいらっしゃいましたら是非リゾートホームまでご連絡くださいませ。

軽井沢の小道~自然を楽しむ3~

2018年09月21日 Writer:りぞまま

みなさん、こんにちは!りぞままです。

ここのところ少し肌寒くなり、秋らしさが増してきました。

軽井沢は最高気温が20度前後、最低気温15度前後と...だいぶ寒くなりました^^;

特に夜の冷え込みは9月でもなかなかですのでお出かけの際には上着を一枚お持ちくださいませ。

 

さて、今回は軽井沢の小道第3弾ということで「有名な小道」をご紹介いたします。

どの小道もこれぞ軽井沢!!というような美しい自然満載の小道なので必見です!

 

 

◆諏訪の森通り

諏訪の森通り.jpg

諏訪の森通りです。この通りは「諏訪神社」の横にあります。

諏訪神社は社叢が町指定文化財に指定されており、

毎年夏には、みこし、奉納相撲、神楽、夜店などで賑わう

「旧軽井沢銀座 諏訪神社花火大会」が開催されています。

 

 

◆堀辰雄の径(フーガの径)

堀辰雄の径.jpg

堀辰雄の径です。「風立ちぬ」「美しい村」などを生んだ堀辰雄の作品は

軽井沢を舞台としたものが多く、軽井沢と深いかかわりを持っています。

そんな堀辰雄が暮らした別荘がこの道沿いにありました。

さらに一つ隣にある「ささやきの小径(サナトリウムレーン)」もまた

堀辰雄の作品に深いかかわりがある道となっております。

 

 

◆ハッピーバレーレーン

ハッピーバレーレーン.jpg

ハッピーバレーレーンです。こちらも堀辰雄となじみが深い道で、

ここにある川端康成の別荘で「風立ちぬ」の最終章を執筆したと言われております。

ハッピーバレーレーンは石畳が美しく、木漏れ日や囁くような木々のざわめきからは

心に染み渡るような暖かさを感じられます。

 

いかがでしたでしょうか?

今回ご紹介した小道は軽井沢でも有名な小道です。

軽井沢の自然に思いっきり浸ってみてはいかがでしょうか?

 

それでは本日もここまでお読みいただきありがとうございました!

次回もお楽しみに!

 

 

りぞまま

 

 

軽井沢の別荘

軽井沢に別荘の購入を検討中の方必見!軽井沢の季節ごとのリフレッシュについてご紹介します。

2018年09月18日 Writer:りぞほくん

軽井沢といえば、夏でも涼しく過ごせるというイメージをお持ちの方が多いのではないでしょうか。



長野県に位置していて、浅間山の南麓、標高950mから1200mの傾斜面にあり、夏は涼しく冬は寒い「高冷地気候」です。

歴史も非常に長く、落ち着いた高級別荘地ということから、軽井沢に別荘を設けることは一種のステータスになっています。

別荘の購入をお考えの方の中にも、軽井沢に別荘を建てようか悩んでいる方もいらっしゃるのではないでしょうか。


軽井沢は避暑地として有名なため、夏以外の過ごし方はイメージがしにくいという方は多いかと思いますが、春、秋、冬にも軽井沢には様々な魅力が詰まっています。

今回は、軽井沢に別荘の購入をお考えの方に、季節ごとの軽井沢の気候と、リフレッシュの方法についてお話させていただきます。



*春(3~5月)

軽井沢は冬の寒さが非常に厳しく、4月まで降雪が記録される地域になります。

5月頃までは昼夜の気温差が大きく、春とはいえまだまだ冷え込みの厳しい時期になりますので、薄手のコートやダウンジャケット、ロングパンツで防寒することをおすすめいたします。


おすすめの過ごし方としては、主にショッピングや温泉を楽しむことがあります。

軽井沢・プリンスショッピングプラザには、ブランド物が、お手頃価格で購入できるアウトレットが多くあります。

また、ハルニレテラスには、温泉やショップ、レストランなどがあり、日々の疲れを癒してくれます。

夏に備えて夏服の購入をしておくと共に、まだ少し寒さが残る軽井沢の気候で、冷えた体を温泉で温めてはいかがでしょうか。



*夏(6~8月)

軽井沢のメインシーズンである夏ですが、8月でも平均最高気温は約26度、平均最低気温は約17度と非常に過ごしやすい気候になっています。

標高が高く少し日差しが強いため日中は汗ばみますが、夜は冷え込むので薄手のカーディガンなどの、羽織ることのできる服を準備しておいた方が良いかもしれません。


この時期の過ごし方としては、レジャーを楽しむことをおすすめいたします。

軽井沢には、ゴルフ場が多数点在していて、簡単にアクセスできますし、軽井沢にはハイキングに適した山も数多くあります。

有名な旧碓氷峠へは、頂上近くの見晴台まで走行している赤バスもあり、見晴台からは、妙義山、浅間山、南アルプスなどの素晴らしい景色が一望でき、運が良ければ雲海の絶景も楽しむことができます。

ご家族で小さいお子さんがいらっしゃる場合は、軽井沢タリアセンをおすすめいたします。

軽井沢タリアセンには様々なレジャー施設があり、ちびっこアーチェリーやちびっこ広場など、小さいお子さんでも楽しむことのできる施設がたくさんあります。


また、軽井沢にはメディアにも取り上げられる有名店が数多くありますので

運動後においしいものでお腹を満たすのもおすすめです。特に、塩沢通りなどは、別名グルメ通りとしても知られていて、あのジョン・レノンが通った「離山房」があることでも有名です。

夏場は、テラスを開放して外でお食事をお楽しみいただけるお店もあるので、この時期は特におすすめです。


夜になると軽井沢の発地にある、ホタルの里ではゲンジボタルやヘイケボタルを見ることができます。

普段、都会ではなかなか目にすることのできない光景が楽しめます。



*秋(9~11月)

東京などの都市部では残暑が厳しいですが、軽井沢では一足先に秋が訪れます。

寒暖差が10度近くもあり、日中は長そでで過ごすことも可能ですが、夜中は冷え込むので厚手のジャケットが必須になります。


11月には早くも積雪が記録され始めますので、防寒対策をしっかり行うことをおすすめいたします。

この時期は紅葉が観光地をきれいに彩ってくれます。特におすすめの観光地としては、白糸の滝です。

湾曲した岩壁に数百条の地下水が白糸のように落ちる白糸の滝。

それらを紅葉がきれいに彩っている景色は、この時期にしか味わえないものです。



*冬(12~2月)

冬の軽井沢は、非常に厳しい寒さになります。12~2月の平均気温は、札幌の平均気温に近い数字です。

ダウンジャケットやニット帽、手袋などで万全な防寒対策をすることをおすすめいたします。

冬には「軽井沢プリンスホテルスキー場」でスキーやスノーボードといった、ウィンタースポーツを楽しむことができます。

避暑地として有名な軽井沢ですが、冬にも楽しめる要素はございます。



□まとめ

以上が、季節ごとの気候に合わせた軽井沢での過ごし方になります。

軽井沢といえば避暑地のイメージが強いかと思いますが、季節によって様々なリフレッシュの方法があります。

軽井沢に別荘の購入をご検討中の方は、是非この記事を参考にしていただけたらと思います。

鞍手R-1、4960万円.JPG

軽井沢の別荘

軽井沢に別荘を建てるなら、沢山のイベントに参加しよう!

2018年09月03日 Writer:りぞほくん

軽井沢は保養地として知られているだけあって、5月~8月がハイシーズンとなります。
この期間は、別荘地に遊びに来ている人や、観光客など多くの人で賑わいます。
空気の澄んだ森を散策したり、スポーツをしたり、軽井沢の大自然を謳歌するには、最高の時期なのです。
また、秋には紅葉に染まる色鮮やかな景色を楽しめますし、冬には雪景色やウィンタースポーツを楽しむこともできます。
今回はそんな四季折々の魅力あふれる軽井沢について、季節ごとのイベントをご紹介いたします。


■春 4月~6月


4月になっても暖房器具が必要なほど軽井沢の春の訪れは少し遅めです。
軽井沢町の木に指定されているコブシに花が咲き、
春を実感できるようになるのは4月下旬くらいになります。
中旬~下旬には、電車で25分ほどの場所にある小諸市の懐古園で「桜祭り」が開催されており日本のさくら名所100選に選ばれたことから多くの観光客でにぎわっています。


また、5月になると軽井沢町の花に指定されているサクラソウが咲き、緑がぐんと美しさを増してきます。
4月下旬~6月初旬には「若葉祭り」が開催され、土日を中心に町内各所でハーフマラソンやサイクリング、テニスやゴルフといったさまざま野外イベントが催されます。
この時期に町内で配られるパンフレットには、観光施設や民宿が割引になるクーポンが付いていますので、利用すると大変便利です。


■初夏~盛夏 7月~8月


7月~8月の夏休みシーズンともなると、旧軽井沢銀座のレストランやショップは無休営業や営業時間を延長するお店が多くなります。
7月下旬~8月末には、軽井沢高原協会の中庭に約2000個のランタンが灯される「サマーキャンドルナイト」や「長倉納涼花火大会」「矢ケ崎公園花火大会」「諏訪神社花火大会」などのイベントが開催されます。

8月にはホテルブレストンコートで行われる「軽井沢スイーツ博」が催され、
毎年一つのテーマに基づいて、ホテルのパティシエたちが新たなスイーツを発表しています。
期間中にはたくさんの限定スイーツに出会うことができますよ!


■秋 9月~11月


東京ではまだ暑さが厳しい9月ですが、軽井沢では早くもコスモスが咲いて、秋を感じることができます。
紅葉の見頃は10月中旬~11月上旬で、紅葉の名所として知られている旧軽井沢の雲場池や白糸の滝では、秋の絶景が楽しめます。
9月下旬~11月初旬には軽井沢紅葉祭りやテニス大会やマラソン大会、ウォーキングイベントやキノコ祭りなど、たくさんのイベントで盛り上がります。


■冬 12月~3月


氷点下になることが多い軽井沢では、美しい雪景色を楽しんだり、
軽井沢プリンスホテルでウィンタースポーツを楽しんだりと冬ならではの体験ができます。
特に、11月下旬~2月中旬には、「軽井沢ウインターフェスティバル」というイベントが催され、花火大会やスポーツ大会、クリスマスシーズンにはクリスマスコンサートなどが行われていて、毎年盛り上がっています。


■軽井沢へのアクセス


電車を利用する場合は、東京駅からJR北陸新幹線で軽井沢駅まで1時間2分~1時間19分と、アクセス抜群です。
高速バスを利用する場合は、池袋東駅から西武バスが1日に5便程度運行していて、所要時間も約2時間50分と、こちらも楽にアクセスすることができます。
バスは新幹線よりも時間はかかりますが、往復割引もあり料金的には安く行くことができるので、交通費を抑えたいという方には良いかもしれませんね。


■まとめ


今回は軽井沢の各シーズンのイベントや特徴を紹介しました。季節ごとにたくさんのイベントがある軽井沢。
別荘を持っていないという方でも、イベント参加を目的にこの地を訪れてみるのもいいかもしれませんよ。
是非たくさんのイベントに参加して軽井沢を満喫してみてくださいね。最後まで読んでいただきありがとうございました。


離山台R-1、1680万円.JPG

軽井沢の小道~自然を楽しむ2~

2018年08月24日 Writer:りぞまま

みなさん、こんにちは!りぞままです。

8月も終盤に差し掛かりました。

平成最後の夏もたくさんの思い出ができたでしょうか?

 

今日は、もっと夏の軽井沢の自然を楽しみたいという方へ向けて

お買い物ついでに立ち寄ることができる

旧軽井沢銀座通り近くの小道をご紹介いたします。

お出かけの際のご参考にしてみて下さい。

 

 

◆峠道

峠道.jpg

峠道は軽井沢から碓氷峠へ行く途中にあります。

峠道の始まりには「矢ケ崎川」があり

川のせせらぎが心地よく涼しいので

夏に行く小道としてオススメの場所です。

 

 

◆ヴォーリズレーン

ヴォーリズレーン.jpg

先ほどご紹介した峠道から比較的近い場所に位置しており

道も狭くないため車で行きやすい場所です。

人通りが少なく静かな雰囲気の中で自然を楽しみたいという方にオススメの小道です!

 

 

◆犀星の径

犀星の径.jpg

道にはおしゃれなカフェがあったり、

大正~昭和にかけて活躍した文学者、室生犀星の旧居があったりと

軽井沢の観光スポットでもあります。

細い道なので場所が少し分かりにくいかもしれませんが

犀星の径は軽井沢の小道の中でも緑に包まれているため

自然が好きな方にとてもオススメしたいスポットです!

 

 

いかがでしょうか?

どこも美しく、自然が心地よい道です。

軽井沢へ来た際にはぜひ立ち寄ってみてください^^

それでは、本日もここまでお読みいただきありがとうございました。

次回もお楽しみに!☆

 

りぞまま

 

 

観光スポット, 軽井沢の暮らし

愛犬と楽しむ軽井沢

2018年08月17日 Writer:りぞまま

 

みなさん、こんにちは!りぞままです。

お盆も明けて軽井沢はだんだんと涼しくなってきました。

昼と夜とでは10度以上の気温差がありますので、

これから軽井沢へお越しになる方は夜の寒さ対策も大事になります。

 

さて、軽井沢では毎年多くの人が楽しんでおりますが、

軽井沢を楽しんでいるのは"ヒト"だけではありません。

一緒に遊びに来た、愛犬たちも軽井沢を満喫しています。

旅行に行く際、周囲の人の目が気になるという方もいるかと思いますが、

軽井沢では愛犬家たちが十分に楽しめるように、ペットOKのお店やドックラン施設があります。

そこで、今日は愛犬たちと一緒に軽井沢を楽しめる場所をご紹介いたします!

 

◆軽井沢プリンスショッピングプラザ

軽井沢ショッピングプラザは愛犬と楽しめるショッピングスポットです。

ほとんどのお店がペットの入店OKとなっており一緒にお買い物を楽しむことができます。

また、ショッピングプラザ内にはドックランやペットスパ、コテージなどもありますので

愛犬家たちには人気のスポットになっております。

 

◆湯川ふるさと公園のドックラン

湯川_公園.jpg

しなの鉄道線中軽井沢駅から徒歩約15分の場所にある大きな公園です。

碓氷軽井沢ICから車で30分とアクセスの良い場所にあります。

子供達が遊べる遊具や広場、ドックランなどの施設がありとても広いため

休日にはちょっとしたテントを持参してピクニックを楽しんでいる人もいます。

また、公園ですので年中無休です!夏だけでなく年中を通して遊ぶことができます。

 

 

◆ドックガーデンリゾート軽井沢

ドッグガーデン_外観.jpg

軽井沢駅から車で5分、碓氷軽井沢ICの近くの場所にありますのアクセスの良さは抜群です!

静かな場所に位置しており、カフェやドックラン、ホテルも兼ね備えているので

宿泊してゆっくり過ごすのも、軽井沢への行き帰りの休憩場所として立ち寄るにも良い場所です。

また、ホテルはコテージのようにゆっくりと過ごすことができるのでのんびりと過ごせます。

外観もおしゃれでインスタ映えすることも間違いなしの場所です!!

 

 

いかがでしょうか?

愛犬たちが軽井沢を楽しんでいる姿がイメージできましたか...?

軽井沢にはペットと楽しめる施設がたくさんありますので是非、愛犬たちとお越しください!

 

また、リゾートホームでは愛犬と過ごせる別荘もご紹介しておりますので

よろしければご覧ください^^

▶▶軽井沢の家 鞍手R2

 

 

それでは、本日もここまでお読みいただきありがとうございました。

次回もお楽しみに!☆

 

りぞまま

 

 

軽井沢の別荘

住宅インスペクションのメリット

2018年08月03日 Writer:りぞぱぱ

どうもみなさん、りぞぱぱです。


前回「住宅インスペクションって聞いたことありますか?」の記事では、住宅インスペクションの概要を確認してもらいました。

今回は、住宅インスペクションを実施することで得られるメリットについて解説します。

 

住宅インスペクション_2.JPG

 

住宅インスペクションを実施することで得られるメリットは?

 

■売主のメリット

 

⑴隠れた瑕疵を事前に把握できます。

引渡しから一定期間以内に見つかった不具合の補修などは瑕疵担保責任により売主が責任を負わなければならない場合があります。しかし、住宅の現状を事前に検査し、あらかじめ確認しておくことで、前もって補修をして引渡したり、買主に告知したうえで契約することができ、売却後のクレーム・トラブル発生リスクを軽減することができます。

 

⑵検査済物件や保証付物件として差別化できます。

欠陥住宅を恐れる買主にとって、検査済物件ということが安心材料となり、選ばれやすい物件になります。さらに検査基準に適合していれば、既存住宅瑕疵保証が利用でき、買主のメリットにつながります。

 

 

■買主のメリット

 

⑴購入前に建物の状態を把握してトラブルを防止できます。

 

⑵検査により補修の必要個所や劣化状況が分かれば、適切なリフォーム計画を立てることができます。

 

⑶検査が基準に適合し、既存住宅瑕疵保証を利用することで、築年数が古い物件でも税制特例(2018年4月現在:住宅ローン減税、贈与税非課税措置など)の利用が可能になります。

 

⑷万が一の時にも安心です。

 

既存住宅瑕疵保証等を利用すれば、予期せぬ雨漏りなどで損害が発生しても保証で対応します。原因調査や仮住まいの費用も補償されます。

 

 

既存住宅瑕疵保証って?

 

既存住宅瑕疵保証とは引渡し後の住宅について、保証対象部分における「隠れた瑕疵」による買主の損害を保険会社が保証するもので、住宅インスペクションのオプションプランとして用意されています。

具体的には、瑕疵保証を付けた住宅の場合、検査で見えなかった箇所も保証の対象になるということです。例えば、リフォームをするために壁を剥がしたら柱が腐っていた、お風呂の浴槽を外したら土台が腐食していた場合などは補償対象になります。なお、自然災害や土地に起因する瑕疵、シロアリ等による被害は補償対象外となります。

保証期間は1年間または5年間。保証限度額は、保証期間を通算して500万円または1000万円。(保証期間が5年の場合は1000万円のみ)

 

例:戸建住宅延面積100~125㎡未満/保証期間1年/保証金額500万円の場合、既存住宅瑕疵保証料(個人間用)は44,000円(税抜)となります。

 

 前述した住宅インスペクションの検査料金39,000円(税抜)と合計すると、83,000円(税抜)となります。なお、保証料は選択した保証期間と保証金額ごとに、対象となる住宅の延面積と付帯する特約により異なります。

なお、戸建住宅の場合、シロアリ保証20,000円(九州エリアは35,000円)(税別)、地盤の品質保証25,000円(税別)~のオプションを付帯することが可能です。

 

*ここでご紹介した検査・保証料金は、公益社団法人全日本不動産協会会員が取扱う際の料金です。(2018年4月現在)

 

 

最後に注目すべきアンケート結果を紹介します。

2017年5月に全国住宅技術品質協会が行った、全国の売主及び買主それぞれ500名を対象にしたアンケートでは、買主の83.2%が売買契約した後で欠陥住宅と判明することに不安を持っていると答えています。

そして、売主も63.2%が同様の不安を抱えているという結果が出ています。

 

 

いかがでしたか?これから自宅や別荘など建物付不動産の売買を考えている人にとっては避けて通ることのできない問題ですよね。物件に関わる情報をオープンにしてお互い納得のいく取引を行いたいものです。

一般的な規模の既存住宅検査であれば5万円以内で行うことができますので、取引後の不安をなくすためにも住宅インスペクションを取り入れてみたらいかがでしょうか。

 

 

りぞぱぱ

 

 

株式会社 リゾートホーム 
〒389-0102
長野県北佐久郡軽井沢町軽井沢386-11
TEL 0267-42-8775/FAX 0267-42-8685
(軽井沢駅より徒歩7分/駐車場ございます)

リゾートホーム外観

PAGE TOP

PAGE TOP